34「いろいろあって苦しかった。だから今がある」横綱 白鵬

 平成19年夏場所で、白鵬が全勝優勝をして横綱昇進を決めました。このときの言葉です。話のスケールが違い過ぎますが、私も人間関係で辛い目に遭ったことがあります。幾晩も眠れぬ夜が続きました。そのときです。親友に電話で悩みを打ち明けると、こんなアドバイスをしてくれました。「今、辛いのは、その後で良いことが起きるための試練なのだ。必ず、その日はやって来るから、安心して今は耐えなさい」辛いことがあると、それは永遠に続くような気がしてしまいます。必ず、明日はある。白鵬の奥さんのコメントも心に止まりました。「取組後は泣きました。去年の昇進見送りや、ケガなどを乗り越えて大関は精神的に強くなりました」