55「100 ― 1 = 0」仏教の禅の言葉

 これは帝国ホテルがサービスの教訓としている算式だそうです。ホテルは、ベル、フロント、客室係、レストランなど様々なセクションのスタッフから成り立っています。その一つのセクションの、一人のサービスが劣っていたら、つまり「マイナス1」であったら、99ではなく0になってしまうということです。これは、ホテルに限られたことではないでしょう。我々、一個人の行動を省みても、「たった一度の過ち」が信用を失わせるものです。「100 ― 1 = 0」。ちょっと怖くて、思わず背筋がシャンとします。