58「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」ウィリアム・ジェームズ

 誰だって苦しい時も、悲しい時もあります。泣きたいことだってあります。でも、そんな時だからこそ、笑うといい。無理やりにでも笑いましょう。笑えなければ、何かコメディー映画かお笑いのビデオでも見ましょう。同じ映画でも、テレビで見るのと映画館で見るのでは大きな違いがあります。映画館へは、「わざわざ」見に出掛けることになります。つまり、「感動したい」と心をスタイバイの状態にして出掛けるからです。すると、茶の間で「ついで」に見るのと違って、感動が何倍も大きくなります。感動を待つのではなく、感動を捜すのです。同じく、笑うのを待つのではなく、「笑おう」「笑おう」と思って人生を過ごすと、自ずと楽しくなるのです。